ボルダリング

ボルダリングがおススメすぎる件

 

やっと迎えた休日・・・平日に溜まった不眠や仕事の疲れを癒すべく、土日は家で徹底的にダラダラ過ごしているという人は多いかと思います。

 

しかし、そんな至福の時間は短いもので、日曜夜のサザエさんが終わる頃には月曜日から再び始まる平日のことが頭をかすめて「うわぁああああ!!!」と悶えている人は多いのではないでしょうか?

 

サザエさんのじゃんけん

 

あの日曜日の夜にやってくる何とも言えないイヤ〜な気持ちから逃げる方法はないのでしょうか?

 

 

いえ、実はあります。

 

 

それがボルダリングです。

 

ボルダリングの魅力

 

ご存じの無い方のために説明すると、ボルダリングとは最低限の道具(靴と滑り止めの粉)だけで壁を登るクライミングの一種です。

 

人気ユーチューバ―のヒカキンもやってましたね。

 

 

 

筋肉隆々な男性が断崖絶壁を登るロッククライミングはハードルが高そうですが、これなら自分でもできそうな気がしてきますよね。

 

なぜボルダリングがそこまでおススメするのか? 以下に理由を書いていきます。

 

 

全身運動なので体が引き締まる

 

最近お腹がぽっこり出てきた・二の腕がヤバい・・・何とかしなくては!という悩みを抱えている人は多いと思いますが、そんな人にはボルダリングがピッタリです。

 

 

というのも、ボルダリングはオーソドックスなダイエットや話題のライザップなどとは異なり、全身が万遍なく鍛えられるので、週末くらいしかまとまった時間が確保できない社会人でも無理なく継続できるからです。

 

 

ボルダリングは続けることによって自然と体幹が鍛えられていくので、そのお蔭でインナーマッスルも鍛えられ基礎代謝も上がって結果的に太りにくい体質へと変化します。

 

 

もちろん、スポーツなのでそれ相応に疲れることで熟睡効果もたっぷり期待できます。

 

 

ゲーム性が極めて高い

 

毎日ウォーキングをやる・自転車を漕ぐ・筋トレをやる・プールで泳ぐ・ストレッチを欠かさない等々・・・ダイエットや健康目的のためにできることは色々あります。

 

しかし、それらはどれも継続することが前提としてあります。

 

そして、どんなに優れた筋トレやスポーツでもそれが面白くなければ続かないのは皆さんも一度や二度は経験があると思います。

 

 

筋トレやジョギングは「やっているうちに気持ちよくなってきていつの間にか続けるのが苦痛でなくなっていた」という話をよく聞きますが、その境地に辿り着くにはある程度継続す必要があり、わたしはそれができませんでした。

 

 

何事も楽しくなければ続かないのは一緒です。

 

そういう意味でボルダリングは非常にゲーム性が高いのでやっていて面白く、続けるのが全く苦ではありませんでした。

 

最初は全く登ることができなかったルートを少しづつ攻略していく過程や、登り切った時に得られる達成感はまさにボルダリングならではのもの。

 

 

これほど楽しみながらできるダイエット・筋トレを私は他に知りません。

 

 

一人で始められる

 

どんなスポーツにも共通しますが、面子集めとスケジュールの調整、グループ内での人間関係のあれこれには中々気を遣うものです。

 

 

そういう意味でボルダリングは一人で打ち込むスポーツのため、面倒な他人とのしがらみが一切ありません。

 

実は管理人のわたくし菅原は結構人見知りなところがあるので、一人で始められるというのはとても助かりました。

 

 

こう書くとボルダリングは孤独なスポーツのようにも思えますが、もちろんそんなことはありません。

 

ボルダリングジムに行けば大抵他にもやっている人はいるので、その人たちとあーでもないこーでもないとお喋りしながら自分の課題に取り組むのも大いにアリです。(むしろそっちの方が主流)

 

 

近年はブームの影響もあって、最近だとジム内での出会いから交際に至る、なんていうパターンも珍しくありません。

 

自分ひとりでマイペースに始められる。だけど他人とのコミュニケーションを積極的に取っていく方法もアリだし、場合によっては男女の仲(笑)になることも珍しくありません。

 

 

この懐の広さがボルダリングの人気の秘密であることは間違いありませんね。

 

 

屋内スポーツである

 

ボルダリングは基本的に屋内のジムでやるスポーツです。(慣れてくると外の岩に遠征したくなってきますが)

 

そのため天候や季節の寒暖に左右されないという二つのメリットがあります。

 

 

平日忙しく働いてやっと迎えた休日なのに雨が降っていてできなかった・・・では泣くに泣けませんからね。

 

また、屋外スポーツだと例え天候が良い日でも真夏や真冬だとやること自体が躊躇われます。

 

そういった外部環境に全く左右されないので、1年365日ほとんど同じ環境で取り組むことが可能です。

 

継続することが何よりも大事な筋トレ・ダイエットにおいてこれは凄く重要ですね。

 

 

記事トップの宮下公園は例外です。ほとんどのボルダリングジムは屋内でやります。

 

充実感が凄い

 

これは実際にやってみないと分からないので文字にして伝えるのが中々難しいのですが、休日にボルダリングをやると半端ない充実感が得られます。

 

それまで私は土日は平日の疲れを癒すために徹底して自宅に籠っていたのですが、日曜の夜くらいには「今週末も惰眠を貪ってしまった・・・」といつも後悔していました。

 

 

しかし、ボルダリングを始めてから、その後悔や倦怠感が一気になくなりました。

 

私は日曜日の昼過ぎに眠い目をこすりながら起きて「面倒だな〜」と思ってジムに行くのですが、やり始めると段々とエンジンがかかっていき、最終的にはジムが締まるギリギリまで自分の課題に挑戦しています。

 

 

自宅に帰る頃には大抵夜の10時を回っているので、後はもう寝るしかないのですが、1日をボルダリングに費やした日は心地よい疲労感が体にやってきてグッスリ眠りにつくことができます。

 

 

 

 

ボルダリングの魅力について語ってみましたがいかがだったでしょうか?

 

やったことが無い方からすると「腕力・握力が無いとできないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それらが求められるのはある程度のレベルになってから。

 

ボルダリングに必要なのは腕の力2割、足の力8割と言われているほどです。それに最初は小学生でも登れるような簡単なルートから始まるので初心者でも安心して楽しめますしね。

 

何となく難しそう・敷居が高そうなイメージのあるボルダリングですが、ハシゴを昇ることができれば出来るといわれているほど実は初心者に優しいスポーツです。

 

 

何も知らない素人がジムのドアを開けるのは結構勇気がいりますが(私がそうでした)、今はブームのお蔭もあってかどのジムも初心者は山ほどいます。

 

 

屋内スポーツで、一人で始めることが出来て、全身運動になって、ゲーム性が高くて、充実感が凄いボルダリング。

 

皆さんも知り合い・友人を誘って行ってみてはいかがでしょうか?

 

かなり、おススメです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

グッスミン酵母のちから|TOP

関連するページ

考え事は吐き出すとスッキリする
色々な考えが頭の中を駆け巡って寝付けない・・・不眠うんぬんに関係なく、皆さんもそんな経験一度や二度はあると思います。ここではそんな時におススメの快眠方法をご紹介したいと思います。